漆沢祐樹の世界通貨協議会(World Currency Conference)第2のバブルが来る世界通貨の価値とは!?

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)タイトル

 

岸です。

 

今回は、WCC(世界通貨協議会)理事兼運営会社社長である漆沢祐樹さんの世界通貨協議会(World Currency Conference)についてレビューしていきます。

 

この世界通貨協議会のセールスコピーには、

 

「最上位の階級、称号を持つ関係者や大企業が

第2のバブル” を予測して結成された最上流の団体

世界通貨協議会(World Currency Conference)

2019年世界に新たなる地球規模の第2のバブルが到来!!

 

とあります。

 

そして今回の世界通貨協議会(World Currency Conference)には、

 

  • 大統領
  • 王族
  • 大使
  • 政府
  • 上場会社
  • 銀行
  • 証券会社

 

といったあらゆるジャンルのトップクラスがこぞって参加して結成されたという世界通貨協議会(World Currency Conference)。

 

今回のオファーによると、世界通貨協議会(World Currency Conference)へ参加登録すれば、第2のバブルの極秘情報が受け取れ、価値が1000倍になる可能性を秘めた「世界通貨」がプレゼントされるとのことです。

 

そもそも、第2の巨大なバブルが起こるという「世界通貨」とは一体なんなのか?

 

もし、第2の巨大なバブルが起こるなら、本当に参加者はそのバブルの波に乗れるのでしょうか?

 

今回は、漆沢祐樹さんの世界通貨協議会(World Currency Conference)について詳細や仕組み、疑問点などを調べてみました!

 

スポンサードリンク

漆沢祐樹の世界通貨協議会(World Currency Conference)詳細

 

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)詳細

 

漆沢祐樹の世界通貨協議会(World Currency Conference)特定商取引法に基づく表示

 

漆沢祐樹さんの世界通貨協議会(World Currency Conference)のオファーには、特定商取引法に基づいた記載は見当たりませんでした。

 

このオファーは、現時点で参加者は極秘情報とコインプレゼントを受け取れるというオファーであり、何かを参加者が購入するということはなさそうですが、問い合わせ窓口となるのは「誘導されるLINE@のみ」となります。

 

というのも、世界通貨協議会(World Currency Conference)という団体のサイトも存在していません。

 

あるのはオファーのランディングページのみです。

 

なので、世界通貨協議会(World Currency Conference)がどういった主体で運営され、どのような組織かということはわかりません。

 

極秘過ぎますね・・・。

 

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)YouTube

 

ちなみに世界通貨協議会のYouTubeチャンネルがありますが、登録者数32人、総再生回数約1100回でした・・・。

 

この数字を見たときに、私はもの凄く少なく感じました。

 

なぜなら、今回の世界通貨協議会(World Currency Conference)には、

 

  • 大統領
  • 王族
  • 大使
  • 政府
  • 上場会社
  • 銀行
  • 証券会社

 

といったあらゆるジャンルのトップクラスがこぞって参加して結成されたという世界通貨協議会(World Currency Conference)でしたよね?

 

にも関わらず、登録者数32人、総再生回数1100回が妥当な数字でしょうか?

 

YouTubeで「大統領演説」と試しに検索してみました。

 

そして今回の世界通貨協議会(World Currency Conference)には、 大統領 王族 大使 政府 上場会社 銀行 証券会社 といったあらゆるジャンルのトップクラスがこぞって参加して結成されたという世界通貨協議会(World Currency Conference)。

 

数年前の動画になりますが、何十万、何百万と再生されています。

 

大統領の発言は影響力が強んですよ。

 

仮に世界通貨協議会(World Currency Conference)が極秘で行われているような会議なら、わざわざYouTubeに動画をアップすることはないでしょうし、宣伝する必要もありません。

 

なのに、この登録人数、再生数はやはり不思議です。

 

本当に

 

  • 大統領
  • 王族
  • 大使
  • 政府
  • 上場会社
  • 銀行
  • 証券会社

 

などのトップクラスの人物が参加しているのでしょうか?

 

漆沢祐樹とはどんな人物?

 

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)プロフィール

 

実に漆沢祐樹さんは多くの企業や団体で肩書をお持ちのようです。

 

  • WCC(世界通貨協議会)理事兼運営会社社長
  • エストニア法人 Earth Corebank Ltd. 代表
  • 一般社団法人 日本国際芸術文化協会 理事
  • 株式会社リアマーケティング 代表取締役
  • Gホールディングス株式会社 取締役
  • Earth Power Coin プロジェクト COO

 

他にも漆沢祐樹さんは第1種旅行業や在日米軍公認支援会社など数社で執行役員を務め、イギリス国立大学の海外MBA candidateでもあるそうです。

 

先ほども書いた通り、WCC(世界通貨協議会)については謎に包まれた団体です。

 

WCC(世界通貨協議会)については、ランディングページにリンクがあり、Googleで検索すると真っ先にニュースサイトの記事が出てきます。

 

この掲載サイトは大手のニュースサイトですが、記事の配信元を見るとアジア系の話題、主に企業からのプレスリリースを掲載するサイトのようです。

 

WCC(世界通貨協議会)もしくは関連する団体などがプレスリリースを発信しそのまま掲載され、大手ニュースサイトへ配信されたものと考えられます。

 

つまり、第三者による取材を基にファクトチェックなど行い記事になったものではなく、あくまでもWCC(世界通貨協議会)サイドが発信した情報が掲載されただけのもので、大手ニュースサイトに掲載されたことが直ちに信頼性に繋がるわけではありません。

 

またEarth Power Coinとはエストニア法人 Earth Corebank Ltd.が手がける仮想通貨の銘柄であり、Earth Power Coin プロジェクトとEarth Corebank Ltd.は関連していると言えます。

 

2018年「世界通貨カンファレンス」を主催したのもEarth Power Coin プロジェクトで、ランディングページにもその時の様子の動画を見ることができます。

 

 

またEarth Corebank Ltd.はエストニアでの取引所ライセンスを取得済みで、2018年にはシンガポールで上場予定あり、韓国でも上場への基本合意を締結したそうですが2019年3月現在、上場できたかどうかはわかりませんしコーポレイトサイトもないので現状を把握できません。

 

続いて一般社団法人 日本国際芸術文化協会は2010年に設立された団体のようです。

日本国際芸術文化協会に似た名称の団体はいくつかありますが、日本国際芸術文化協会のサイトは見つからず、活動実態はまったくわかりません。

 

そして、株式会社リアマーケティング、Gホールディングス株式会社はコーポレイトサイトが存在しますがどちらも業績や実積の掲載は乏しく、Gホールディングス株式会社においては会社概要に取締役である漆沢祐樹さんの名前は記載されていません。

 

このように、漆沢祐樹さんの肩書にある企業や団体を一つ一つ確認していくと、どれも情報が掴みづらく全くわからないものばかり。

 

そもそも漆沢祐樹さんご本人について言及されているサイトが極端に少ないのも、世界通貨協議会(World Currency Conference)のオファーについて書かれている記事ばかりのみです。

 

漆沢祐樹さんは、複数の肩書を持ち積極的に活動されているようにもみえますが、漆沢祐樹さん自身がSNSなどの個人ではまったく情報発信していないのも不自然に思えます。

 

漆沢祐樹の世界通貨協議会(World Currency Conference)は稼げるのか?

 

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)稼げるのか

 

世界通貨協議会(World Currency Conference)自体のビジネスモデルはわからず、極秘情報とコインプレゼントのオファー内容しかわかっていません。

 

世界通貨協議会(World Currency Conference)のランディングページにはフィリピン・ドゥテルテ大統領の弟やカンボジア王族のプリンスといった人たちが、2018年開催の「世界通貨カンファレンス」へ出席した際のインタビュー動画があります。

 

インタビュー動画にはこの世界通貨協議会(World Currency Conference)を賛同しているとのこと。

 

しかしインタビュー内容はどのようにも受け取れる話、いわゆる社交辞令の挨拶程度の内容で世界通貨協議会(World Currency Conference)に参加したり絡んでいるという発言は一切ありません。

 

なので、王族や著名人のインタビュー動画があるだけで、世界通貨協議会(World Currency Conference)は安心して参加できるものという信頼性には繋がらないと思います

 

「世界通貨カンファレンス」へ出席したのは事実という程度に受け止めておいたほうがいいでしょう。

 

また現在は非公開となっている政府や企業・団体ですが、企業・団体はともかく政府が絡んでいるのに一般紙や経済誌ではまったく取り上げられていない世界通貨というのもに信憑性があるかは不明です。

 

例え極秘で進められているプロジェクトが実在しても、なぜ無料商材系のオファーで発表し情報を漏洩したりするのでしょうか?

 

それならもっとインパクトのある発表をすれば、より世界通貨の価値が上がるのではないでしょうか?

 

と、いろいろ考えられますがまったく客観的情報がないため稼げるかどうかの判断はできないオファーであると言えます。

 

漆沢祐樹の世界通貨協議会(World Currency Conference)まとめ

 

漆沢祐樹 世界通貨協議会(World Currency Conference)まとめ

 

今回は漆沢祐樹さんの世界通貨協議会(World Currency Conference)について調べてみました。

 

  • 特定商取引法に基づく表示がない
  • 漆沢祐樹さんの肩書にある企業・団体の実態が掴めない
  • 世界通貨の信憑性は不明

 

恐らくこれから具体的内容が明かされていくのでしょうが、十分に内容を精査し冷静に判断したほうがよい案件だと思われます。

岸のおすすめ副業

 

今回の案件はいかがでしたでしょうか?

 

港にあふれている案件のほとんどは、誇大広告ばかりで騙されている方が後を絶ちません・・・。

 

僕も過去に騙されたことがあり、時間もお金も無駄にしました。

 

「何か副業を始めたい」

「申し込みしたけど不安・・・」

 

など思っているなら、一人で悩まずに私に何でも相談してください^^

 

一人で抱え込んでいても解決はしません!

 

ただ、あなたに一つわかって欲しいのは

 

「ネットビジネス=詐欺」

 

というわけではないということです。

 

この業界には詐欺が多いのは事実ですが、本当に稼げるものは沢山あります。

 

なぜなら、ネットビジネスは正しい知識を持って行動さえすれば、お金を稼ぐことができるから。

 

数万~数十万ならやり方によっては、短期間で稼げるようになれますよ^^

 

僕自身、2年前からネットビジネスを始めた後発組ですが、ネットビジネスで生計を立てるぐらいの金額は今でも稼ぐことができています^^

 

なので、再現性がない無料オファーにお金を払って、後で後悔するより、ネットビジネスで稼ぐ方法をしっかり学んで自分のスキルアップをした方が、将来的にも役立ちますしお金を稼ぐことも可能ですからね^^

 

僕が実際、ネットビジネスで成果を出しているからこそ、お勧めできる方法を下記の無料メール講座でお伝えしていますので登録お願いします^^

 

ビジネス未経験者でも稼げる方法を無料メール講座で完全公開しています^^

 

僕の無料メール講座を読むことで、

 

「どうしたらネットビジネスで稼げるのか?」

 

「思考と実践」することにより、実際にネットビジネスで稼いでもらいます。

 

主な内容は、

 

・今からでも稼げます!初期費用0から始めるネットビジネスの紹介

・家事の片手間で夫に内緒で口座残高をみるみる増やす副業

・昇給するよりも早く毎月5万円収入を増やす方法

・子育てや家事の合間の作業でパートの10倍稼ぐ方法

・老後も安心?年金2000万円問題もこれで解決^^

などなど、

 

『あなたの仕事に対する価値観、人生に対する価値観をも変えてしまう』

 

ほどの考え方やノウハウを僕のメール講座で公開してきます。

 

メール講座は、人数限定で無料提供させていただきますので規定の人数に達し無料提供を終了します。

※予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。

 

下記にメール講座登録フォームがありますので、

 

1、お名前(苗字のみ、ニックネーム可)

2、メールアドレス(YahooメールかGmailでお願いします)

 

を入力後、「確認する」ボタンをクリックしてください。

 

折り返し、無料講座のメールを送信しています。

 





※返信がこない場合は、一度迷惑メールをご確認ください。

それでもメールが届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度入力をして登録し直してください

 
 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です