バイナリーオプションで出た利益は確定申告が必要です

バイナリーオプション 利益

 

タワラです。

 

一昔前までは投資の税金となると複雑なイメージがありました。

実際に2011年度までは利益に対しての割合が金額によって異なったりととても分かりにくく、そして不親切なものになっていました。

 

しかし2012年より税制が大きく変化しとてもシンプルになりました。

 

これはFXが流行った影響が強いとされています。

 

バイナリーオプションで利益を出した場合、実際どのぐらい税金を払う必要があるのか?

 

解説していきます。

 

スポンサードリンク

バイナリーオプションで払う税金の税率

 

バイナリーオプションの税金は一律20%です。

ただし、年間の利益が20万円以下の場合は税金を支払う必要はありません。

更に最大3年間もの期間、損失を繰り替えす事が可能です。

 

例えば、昨年100万円の損失を出してしまい、今年は300万円の利益が出たという場合で考えてみましょう。

 

この場合、毎年確定申告をしている人に限り、税金は300万円に対して発生するのではなく、300万円から昨年の100万円の損失を引いた200万円に対して税金が発生することになります。

 

昨年、損失の確定申告をしていない人は300万円分の税金が発生しますので、気をつけてください。

※損失の繰越はできますが年毎に必ず確定申告をし、損失があることを申告しなければいけません。3年まとめての申告などはできないので注意してください。

 

海外の証券口座を使っていても確定申告は必要なのか?

納税は日本に滞在している人が対象なので海外サイトで稼いだ場合でも、納税の義務があります。

 

日本の銀行口座に出金・入金がされた時点という認識でいいのか少し曖昧なところがありますが・・・

 

実際、申告漏れで税務署から突っ込まれるケースがあるのかどうか考えてみましょう。

 

あなたが会社員だとすると、会社は年末になると年末調整をします。

 

年末調整はバイナリーオプションで設けた利益は関係なく、個人で確定申告をする必要があります。

 

この確定申告をせずに黙っていたと仮定しましょう。

 

収入額に応じて、来年の国民健康保険の額や市民税・労働保険料等が決まるので黙っていたらわかりません。

 

銀行口座に振り込みがあったという以外は普通の生活をするわけです。

 

ここでいきなり税務署が「なんだこの収入は?」と、あなたの銀行口座を見て調査に来るという事があるのか否か? ここが一番気になるところですね。

 

税理士さんに軽く聞いてみた所、このケースはなかなか考えづらいとの事でした。

 

現状、税務署は全員の銀行口座の内訳を調べていないからです。

 

じゃあ、逆に銀行側が大きな収入があったら税務署に報告する義務があるかも?それもないとの事なのです。

 

つまり、銀行口座への入金だけで税務署がやってくる可能性は低いのです。

 

という事は、税務署から

 

「他に所得を隠しているんじゃないか?」

 

と目をつけられるかどうかがポイントとなります。

 

例えば、国内のサイトの場合は、そこ1社を調査するだけで多数の申告漏れを見つけることが出来るのでそこからなたのバイナリーオプションの収入が明らかになって突っ込まれる可能性はあります。

 

税務署からしたら脱税を一度に見つけやすい所なので既にそういう流れは私達は知る術もないので出来ているかもしれません。

 

海外サイトの場合はこのケースはかなり少なさそうですがはっきりとわかりません。

 

しかし、お金を使った履歴から目をつけられる事はあります。

 

例えば住宅ローンを返済した等の事例です。

 

住宅ローンの返済などは税務署に繋がっているのでそこから

 

「何でこの収入で急に返済を?所得を隠してるんじゃないのか?」

 

というパターンはあり得ると税理士さんから聞きました。

 

海外バイナリーオプションからの入金(年間20万以上の利益の場合)を黙っているということは所得隠しにあたりますので脱税です。

 

脱税は犯罪なので必ず確定申告してください。

※マイナンバー制の導入により今後は更に収入などの個人情報はわかるようになる筈なので、確定申告は必ずしてください。

 

経費として認められるものもある?

バイナリーオプションで出た利益は申告しないといういけないと、解説しましたが、経費として認められるものもあるんです。

 

例としては、

 

  • バイナリーオプションを覚えるために購入した書籍
  • セミナー
  • セミナーに行くまでにかかった交通費
  • トレードの記録をつけるための文房具代
  • パソコンや通信機器

 

などは経費として認められるみたいです。また、トレードした部屋(家賃)、通信費などの3割~5割ほども経費として認められます。

 

「どこまで経費として認められるの?」

 

と疑問になりますが、「法人ではない個人、または個人事業主の場合」は経費が適用されるものはそこまで多くないそうです。

 

しかし、通常のトレードにかかわるものは胸を張って申告することができますので安心してください。

 

まとめ

 

年間で20万以上利益が出た場合や、損失が出てしまった場合でも確定申告は必ずしましょう。

 

税金はかかりますが、法律で決まっていることですし、申告しなければ脱税になりますので気をつけてください。

 

確定申告をすれば、通信費などの経費をさらに申請するので実際の利益を減らす事が出来ます。

 

確定申告自体が初めてでよく分からないという方は、税務署に行くとこの時期は指導係のような方が何人かいますので全部教えてもらいながら記入すると間違いないです。

 

その際に年間の光熱費や通信費、パソコンの代金などの経費、1年にかかった年金や保険料等データが必要になりますので、「事前に何が必要か」電話して聞いていくとよいと思います。

 

個人的な経験上、この時期は沢山の人を相手にするので

 

「これって経費に入るのかな?

 

と小さい事で悩まずに、とりあえず何でもかんでも領収書(なければ手書きのメモでも良い)を持っていきましょう。

 

バイナリーオプションだけで稼いでいる人は税理士さんや司法書士さんにお願いするのも手だと思います。

 

3万くらいで対応してくれるはずです。

 

おすすめ商材はこちら

バイナリーおすすめ商材

相談などはお気軽にこちらからお願いします。

タワラに問い合わせ

 

岸のおすすめ副業

 

今回の案件はいかがでしたでしょうか?

 

港にあふれている案件のほとんどは、誇大広告ばかりで騙されている方が後を絶ちません・・・。

 

僕も過去に騙されたことがあり、時間もお金も無駄にしました。

 

「何か副業を始めたい」

「申し込みしたけど不安・・・」

 

など思っているなら、一人で悩まずに私に何でも相談してください^^

 

一人で抱え込んでいても解決はしません!

 

ただ、あなたに一つわかって欲しいのは

 

「ネットビジネス=詐欺」

 

というわけではないということです。

 

この業界には詐欺が多いのは事実ですが、本当に稼げるものは沢山あります。

 

なぜなら、ネットビジネスは正しい知識を持って行動さえすれば、お金を稼ぐことができるから。

 

数万~数十万ならやり方によっては、短期間で稼げるようになれますよ^^

 

僕自身、2年前からネットビジネスを始めた後発組ですが、ネットビジネスで生計を立てるぐらいの金額は今でも稼ぐことができています^^

 

なので、再現性がない無料オファーにお金を払って、後で後悔するより、ネットビジネスで稼ぐ方法をしっかり学んで自分のスキルアップをした方が、将来的にも役立ちますしお金を稼ぐことも可能ですからね^^

 

僕が実際、ネットビジネスで成果を出しているからこそ、お勧めできる方法を下記の無料メール講座でお伝えしていますので登録お願いします^^

 

ビジネス未経験者でも稼げる方法を無料メール講座で完全公開しています^^

 

僕の無料メール講座を読むことで、

 

「どうしたらネットビジネスで稼げるのか?」

 

「思考と実践」することにより、実際にネットビジネスで稼いでもらいます。

 

主な内容は、

 

・今からでも稼げます!初期費用0から始めるネットビジネスの紹介

・家事の片手間で夫に内緒で口座残高をみるみる増やす副業

・昇給するよりも早く毎月5万円収入を増やす方法

・子育てや家事の合間の作業でパートの10倍稼ぐ方法

・老後も安心?年金2000万円問題もこれで解決^^

などなど、

 

『あなたの仕事に対する価値観、人生に対する価値観をも変えてしまう』

 

ほどの考え方やノウハウを僕のメール講座で公開してきます。

 

メール講座は、人数限定で無料提供させていただきますので規定の人数に達し無料提供を終了します。

※予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。

 

下記にメール講座登録フォームがありますので、

 

1、お名前(苗字のみ、ニックネーム可)

2、メールアドレス(YahooメールかGmailでお願いします)

 

を入力後、「確認する」ボタンをクリックしてください。

 

折り返し、無料講座のメールを送信しています。

 





※返信がこない場合は、一度迷惑メールをご確認ください。

それでもメールが届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度入力をして登録し直してください

 
 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です